全身脱毛に必要な回数について

脱毛というと脇などの部分脱毛が主流ですが、手足も脇も夏に肌をさらす部分は全て脱毛したなら、全身脱毛がおすすめです。

足だけの脱毛でも脱毛サロンでは細かくパーツ分けされていて、ひざ下、ひざ上、ひざの3パーツになります。

ひざ下やひざ上は広い部分のLパーツ、ひざは狭い部分のSパーツになりますから、足だけでもこの三つの部分脱毛のプランを組むことになりますから、手も一緒となるとかなり割高になってしまいいます。

それよりも、全身脱毛をしてしまう方が費用的にも安くなり、背中やVラインなどのムダ毛もなくすことができますから、より夏のファッションや水着をたのしむことができます。

全身脱毛に必要な回数は人によって個人差がありますから一概にはいえませんが、目安として12回から18回くらいだと言われています。

特にお腹やデコルテなどの産毛のような毛はサロンの脱毛マシンに反応しにくいため、回数が多くかかってしまいます。

脱毛サロンの脱毛方法はメラニンに反応する特殊な光を使用して、ムダ毛を減らしていきます。太くて濃い毛ほどメラニンが多数含まれていますから、脱毛効果も早めにでてくれます。

逆に産毛のような細くて薄い毛はメラニンの量が少ないため、しっかりとした脱毛効果が得にくく、脇やデリケートゾーンの毛に比べると回数が必要になってしまいます。

自分がどの程度の脱毛効果で満足できるかにもよりますが、つるつるレベルまで脱毛したいなら、やはり少なくても12回くらいはかかると見ておいた方が良いでしょう。

回数も多くてお得な脱毛サロン

最近は月額プランなどの支払いしやすい脱毛サロンも増えてるので、回数が多くてお得な全身脱毛が受けられる脱毛サロンを探すのがおすすめです。

顔脱毛まで範囲に入っていて、保湿ケアもしっかりしているサロンもありますから、顔の産毛もきれいにしたいなら、顔も対象になっているサロンが良いでしょう。

また、回数多めのプランで組んでおいて、後から返金してもらえたり別の部位の脱毛に回せるサロンもありますから、プラン内容をしっかりと確認してみて、活用できるサロンに決めるのも良いでしょう。

全身脱毛を大阪するならコチラのおすすめ脱毛サロンへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ